家族の間でもプライバシーは大事?自分だけの空間を確保する工夫を学ぼう!

住宅の間取りとプライバシーの関係

プライバシーは個人の私生活に関する事柄が他者に知られない権利を意味します。特に生活面では他者に干渉されず、自分だけの居所が確保出来る状態を指します。プライバシーは親子や兄弟など血縁者の間でも成立する権利なので、お互いの私生活に過度の干渉を行わないのが社会的なマナーです。住宅は家族の生活が共有される場なので、居住している家族全員のプライバシーが確保されることが重要になります。そのため、住宅の間取りがそのままプライバシーの確保の有無に繋がります。
日本家屋は障子や襖などで部屋を仕切る造りになっている物件が多いため、個人のプライバシーを確保するのが難しい欠点があります。新しい作りは西洋式の造りなのでドアに施錠が可能ですが、その一方で家族同士の触れ合いが疎かになる可能性に注意することが大切です。

家族間のプライバシーを守るための工夫

家族は一つの住宅で生活の場を共有するため、どうしてもお互いのプライバシーに踏み入ってしまうことになります。特に親や祖父母など、世代によってプライバシーに対する考え方が異なる家族と同居するとトラブルに発展しやすい問題があるため、相手の考えを尊重したうえで自身のプライバシーを守る工夫が必要です。
住宅内でプライバシーを守るためには生活上のルールを厳格に定めるのが最も無難な方法です。部屋への入室や私物の扱い、郵便物の開封など社会的なマナーに沿って約束事を決めるのがトラブルを避けてお互いに気持ち良く暮らすための工夫です。また、貴重品や他人に知られたくない物品の管理には特に注意することもプライバシー保護に繋がる重要な事柄です。

シュレッダーを活用することで、書類をはじめとした様々な重要文書を素早く細断でき、プライバシー保護に大変役立ちます。