デザインの必要性!注目してもらうためには

ホームページの意義とは

ホームページを作る、それ自体は実に簡単で誰にでもできることです。変な話、「工事中です」の一文を白ページに表示するだけでいい、実際前世紀にはそれと大差ない個人サイトが無数に存在していました。けれども、21世紀になって新しく作るホームページがそれでは困ります。別にあったっていいのですが、存在意義はないに等しいと言っていいでしょう。

注目されるために必要なもの・デザイン

ウェブ界隈も飽和して久しい現代において新しく作るホームペーシ、そこに求められるものは何でしょうか。「内容」、もちろんそれはその通りです。けれども、内容自体も過当競争にさらされていることは無視してはいけません。何より内容重視の弱点として、「読んでもらえなければ価値を理解してもらえない」という事が挙げられます。情報過多の時代において、客の視界に入るということは極めて重要なのです。そのために必要なのは何か、言うまでもなくデザインです。

初見の客をどうやって引きつけるか

いわゆる「いちげんさん」を引きつけて離さないためには、ホームペーシのデザインが大きな要素です。いちばん大切なのは見ている人に負荷をかけないことで、まず一見してホームページの全容がわかるようにしなくてはいけません。いちげんさんは、サイトマップをわざわざ見たりしないのです。そのためのデザイン、つまり、トップページを見ただけで「理解した」と錯覚させなければいけないのです。そうでなければ、深いところに配置されているコンテンツを観てもらうことはできません。

レスポンシブデザインでは、パソコンでもスマホでも同じデータ量の通信が発生します。そのためスマホでも快適にサイトを閲覧できるように、データ量をなるべく抑えることが重要です。