初めてでも大丈夫!見やすく使いやすいホームページのデザインで訪問者数アップ!

色の使い方に気を配る、まずはこれが基本!

ホームページの快適性を決めるひとつめの大きな要素、それは色の使い方です。

例えば、鮮やかで明るめの色がごちゃまぜになっているような場合、長時間見ていると眼がちかちかして疲労感を覚えますよね。

派手な色を使う時は、例えば赤系統なら赤に近い色を中心に、青系統なら青に似た色でまとめる、といった具合になるべく色系統を少なくまとめることで眼にかかる負担を大幅に軽減することが大切です。

また、背景色と文字色の関係にも注意しなければなりません。

背景が薄めや明るめの色調の場合、文字色まで明薄色にしてしまうと背景に文字が溶け込むため、文字が消えたようになって読みにくくなります。

逆に黒やグレー、紺色や茶色など暗濃色で揃えてしまうのも避けたほうが無難です。

背景が明るめの時は文字色を暗く、背景が暗めなら文字色は明るめにするのが重要なポイントです。

UIツールの配置やサイズに気を配ろう!

マウス操作に欠かせないボタンや選択ボックス、文字リンクや画像リンクなどのUI操作ツールは、使いやすさの観点から色調と並んでホームページの快適性に関わる重要なファクターです。

サイズが小さすぎて押しにくいボタンがあったり背景と似たデザインの画像リンクがあったりすると、誤操作の原因になりやすいのでそのコンテンツは敬遠されがちになってしまいます。

ボタンやリンク等のクリック型のコンテンツは、周囲からくっきり浮いて見えるようにサイズとデザインを考慮し、選択座標の誤差を見越して配置間隔を充分に空けるなど、押しやすいツール配置を心がけましょう。

ホームページ制作は誰でも簡単に作ることができます。ホームページで自分の想いを伝えたり小説を書いたり様々な用途に利用できます。