iphone修理の相談方法は?その際の注意点

正規店か、それ以外か

iphoneに何らかの異常が生じたら、正規店かそれ以外の修理店に持ち込むことになります。どちらにも共通することですが、修理の予約を忘れてはいけません。故障すると焦ってすぐに店舗へ駆けつけてしまう方がいますが、すぐに対応できるとは限りません。場合によっては何時間も待たされますし、休日であればその日の対応ができない可能性もあります。特に正規店では契約関係の方も来店するので、予約してから行くのがマナーとも言えます。

正規店で修理するのであれば特に問題はありませんが、それ以外の修理店に任せる場合は注意点があります。一番は、保証が無効になる可能性が高いということです。正規店の方は部品が交換されていたら気付くので、欺くことはできません。正規店の混雑模様を見て、何も考えずに修理店に向かうのは危険です。

どのようにして悪くなったか

例えば落下させて画面が割れたという事例であれば分かりやすいですし、特に説明も必要ありません。問題は、強い衝撃が無い場合どのようにiphoneが悪くなったかです。修理する方もプロなのである程度内部がどうなっているか分かりますが、なるべくヒントを与えるような情報をこちらが提供しなければいけません。

よく分からないが壊れたと言うより、毎日風呂場で使っていたなど故障に繋がる情報があれば修理する方も楽ですし時間短縮できます。

修理以外の方法も想定

修理は場合によって数万円かかるので、新たに購入した方が良いケースもあります。修理しか想定していないと新たな提案をされた時に困ってしまうので、あらゆる可能性を考えておく必要があります。

iphoneの画面割れや水没による故障、バッテリー、操作不良など様々なiphone修理を天王寺で受付可能です